ドミタリア(DOMITALIA)の買取

ドミタリア(DOMITALIA)は、1989年イタリア東北部のウーディネで始まった創業25年のイタリア家具メーカーです。毎年、ミラノサローネやドイツケルン、フランスパリなどの国際的な展示会にて、新しいデザインとライフスタイルを提案し注目を浴びています。 優れているのではデザインだけではなく、高い精度の工作技術と長年にわたって培われた経験で高品質の製品を作っています。ガラスとスチールの組み合わせや木とスチール、樹脂などを使った製品があります。

ドミタリアの製品には、テーブルを中心に、チェアやカウンターなどを作っています。カウンターはアメリカのブレックファースト用に作られており、高さが92㎝ありワーキングテーブルとしても活躍しそうなテーブルです。また樹脂製のガーデンファニチャーも手掛けています。ドミタリアの製品の中では、特に「Lift-Up昇降伸長式テーブル」に人気がります。

当店はイタリアの高級家具は特に力を入れて買取を行っています。デザイン、品質ともに優れたドミタリアの家具も高価買取が期待できるブランドです。当店には家具修繕のプロが在籍しているため、他店では難しい状態の家具でも高く売れることがあります。首都圏は出張査定が無料で、査定後のキャンセルもお受けいたします。業界最高価格買取の当店にぜひお声掛けください。

ドミタリア(DOMITALIA)の買取ナンバーワン店を目指します

チェリーズマーケットはドミタリア(DOMITALIA)の買取に自信があります。
贈答品の換金や整理、家具・家電の買い替えから、部屋の引越し、オフィスの移転、店舗の閉鎖、あるいは展示品・在庫品の処分まで、 様々な理由からドミタリア(DOMITALIA)の買取のご依頼・ご相談に数多く対応してきました。

リサイクル経験が豊富な修理修繕の職人、中古品の相場・販売経路を熟知した査定員がいるため、 他社では高く売れず安いお値段での見積りとなる状態のドミタリア(DOMITALIA)の買取でも可能です。 当店は、お譲りいただいた大切な家財の価値を高める努力を惜しみません。 どこよりも高く売ることができるから、業界最高値でのドミタリア(DOMITALIA)の買取もできるのです。

選べる3つの買取方法(出張・持込・郵送)

ドミタリア(DOMITALIA)の買取方法は、ご自宅への出張買取店舗への持込買取宅配便による郵送買取から選べます。 ショップのある東京・神奈川や周辺の埼玉・千葉だけでなく、商品や個数によっては遠方でも出張可能です。 査定のみでも出張料金は無料なので、他社を利用したことのあるお客さまにも大変好評です。

ドミタリア(DOMITALIA)の買取金額の確認だけでなく、他社に査定依頼した家具の価格比較まで、ぜひご利用ください。 当店は他業者との相見積歓迎です。お電話( 0120-319-622 )または メールフォームにて無料見積りが可能です。 もちろん金額に満足できなければ査定後のキャンセルOK。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 郵送買取

中古ドミタリア(DOMITALIA)の買取実績

数ある中古品買取店の中から当店への売却を選んでいただいたお客さまのドミタリア(DOMITALIA)の買取実績の一部です。

  1. 【ドミタリア】スタッキングチェア NEW RETRO’ 出張買取 東京都江東区

    【ドミタリア】スタッキングチェア NEW RETRO’ 出張買取 東京都江東区

買取価格を調べる

買取の無料査定お申込み

電話番号 0120-319-622
無料メール査定

出張買取の主な対応エリア

東京23区内

  • 世田谷区
  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 渋谷区
  • 新宿区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 練馬区
  • 豊島区
  • 千代田区
  • 文京区
  • 中央区
  • 江東区
  • 墨田区
  • 荒川区
  • 葛飾区
  • 台東区
  • 北区
  • 板橋区
  • 江戸川区
  • 足立区

東京23区外

  • 三鷹市
  • 府中市
  • 武蔵野市
  • 吉祥寺
  • 国立市
  • 小金井市
  • 国分寺市
  • 立川市
  • 小平市
  • 調布市
  • 稲城市
  • 狛江市
  • 多摩市
  • 西東京市
  • 東久留米市
  • 町田市

神奈川県・埼玉県・千葉県

  • 川崎市(麻生区/多摩区/宮前区/高津区/中原区/幸区/川崎区)
  • 横浜市(青葉区/都筑区/港北区/鶴見区/緑区/神奈川区/西区/中区/南区/保土ヶ谷区/旭区/瀬谷区/泉区/戸塚区/港南区/磯子区/栄区/金沢区)

※上記以外の地域でも商品内容により出張可能です。

ページ上部へ戻る